テーマ:

東北の南端?の盛岡?へ日帰り旅行???  何で「東品川」なんだろう 夢 シリーズ その13

 結構、長い夢だったと思うが、ぼんやりと思いだせるのは、やはり、終盤の方だけ。  四人ほどでの、旅の夢だった。男3人、女一人だったと思う。出発地はどこか分からないが、何とか、東北の南端へ日帰り出来ると、一人が考えていた様だが、他の仲間と共有はしていなかったようだ。ただ、地名は盛岡だった様な気がする。東北の南端に盛岡がある変な地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凶暴な巨人?おとなしい巨女? 夢 シリーズ その12

巨人が暴れていると騒いでいた気がする。 しかし、しばらくして目に入ったのは、大きくなってまごついている様な若い?女性で、暴れている様子はない。 それでも、しばらくすると、巨人が暴れていると逃げ回っている。思い描いているのは凶暴な男の巨人だったと思うがが、姿は見なかった様な気がする。 ほとんど忘れた、夢の断片。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

センスの悪いタモリが登場 夢 シリーズ その11

その10も、これも、随分前のメモだ… あいまいなまま残すだけ。 元旦。 駅ビルの中の様な店。 何か半額だかの食品を買う。 レジ。タモリが前に並んでいる。少し小さい。昨日と同じ服装。そうタモリに言う。上はポロシャツ風。今考えれば冬にしてはおかしい。それをズボンに突っ込んでいる。タモリらしからぬセンスの悪い格好。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムカデ型バイク  夢 シリーズ その10

 大した夢ではないが、ムカデ型バイク が、少し面白いかとも思ったので、メモしておこう。夢故のいつものフレーズは省略。  妹夫婦らと話している。どこかへ出かけるみたいだ。  外に出て車に乗ろうとする。風景は昔住んでいた家の近くに似ている。そういえば、家の中も昔の家に似ていた様な気がする。  車に乗ろうとするが、妹夫婦らとは別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつもより、さらに、面白味が無いが  夢 シリーズ その9

2、3日前の夢をとりあえず、メモしておいたが、まあ、いつものよりも、さらに、面白味が無いなあ。それでも折角だから、残しておこう。  誰かを励ましていた様な気がする。相手は大事な発表か、何かをするみたいだ。  多分、その会場へ向かおうとしたのだろう。路面にも電車が並んでいるが、どれに乗っていいのか分からない。ホームから発車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀河鉄道999の車掌さんだった様な気もする 夢 シリーズ その8

 さて、また、あいまいな記憶しかない、夢の、やはり、終盤の話。記憶違いも多いかもしれないが。  列車の中の様な所にいる。座席に座れたのだが、しばらくして、隣の男から、退け、と要求される。周りを見渡すと、皆、席や床に寝転んでいる。寝転ぶために、私が邪魔らしい。しかし、自分が寝るためのスペースは見つからない。席の隅に居座る。隣の男…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢 シリーズ その7

さて、また、とりとめもなく、うろ覚えの、夢の話。もう、1週間位前の夢かな。その時書きとめて置いたまま。夢のほんの、終盤部分。繋がりが無い様ですが、一連の夢だったと思う… 誰かと、子供二人?広い山麓の様な所の上空を下に向かって飛んでいる(流されている)。もうすぐ、無事に到着しそうだ。し かし、風向きが変わって、横に流され始める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏、小泉氏が登場 夢 シリーズ その6

 いつものように、何だかたくさん見た、今日の夢の断片。多分、あまり、つながりはなかったように思う。  何かの納品準備か何かだろうか。バインダのサイズだか、なんだか、随分下らないことを指摘して、このままでは、納品?ができないと指摘する。それを聞いているのが、なぜか、民主党の小沢幹事長。笑顔で指摘を聞き、鋭い指摘だと、お褒めの言葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とりとめもなく 夢 シリーズ その5

もう、数日前の夢。朝、とりあえず、書きとめておいて、後からまとめようと思っていたが、夜にはすっかり忘れている。 で、まったく、まとまりがないが、書きとめておいたまま…それぞれ、つながりがあったと思うのだが 大掃除のようなことをしている。 肩に子供を掛けている。形でいえば藁人形だか、ピノキオのような人形のようだ。妻に預け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暴れまわる?正義の?女子学生?軍団 夢 シリーズ その4

結構長い、面白い夢だったので、書いておこうと思ったが、起きた瞬間に、記憶があいまいになってしまう。説明しやすい場面が残っていれば書きやすいのだが。 一連の夢であっても、いつの間にか変質してしまって、論理的に説明もしにくい。 最後の方は、先生らしき男たちが、逃げていた?暴れまわっていた?女子学生らを前に説得の様な事をしている場面だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上戸彩?に「何語を話しているの?」と尋ねられる  夢 シリーズ その3

結構、もてている感じの、気分のいい夢だった。たまにそんな夢も見る。…いつもの如く、ほとんど忘れ、うろ覚え。少し覚えていることを頼りに… 何故か、倖田姉妹?と食事か何かの約束があったらしい。あまり好きでもないのにと、夢の中でもいぶかっている。そのうち、仕事らしいことが分かる。誰か(中年に近い、細身の、タレント(お笑い系?)?かな?)…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

妖怪?に捕まって   夢 シリーズ その2

昨日の夢の、うろ覚えのうろ覚えの断片 それまでに色々あったようだが・・・とにかく捕まったらしい・・・ イメージは普通の建物の中ではなく、洞窟の様な所 潜り込んでいた?仲間(肉親?)二人が、助けようとしてくれる・・・しかし、敵?に見られている…しかし、何も言えない! 案の定、二人は「やられて」しまう・・・ 大きな目?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きな水槽のある船  夢 シリーズ その1

浅い眠りが多い。したがって夢をよく見る。よく覚えているというべきか。 とはいえ、記憶はあやふやで、すぐに消えてしまう。 気まぐれに、覚えていることを記録しておこう。 何故か大きな船で戦っている。船底に大きな水槽のようなものがある。どうも、その戦いには勝ったようだ。 帰還して、今度は遊びに行こうとする。10号だか11号だかが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more