小田原あたりで座席が消える新幹線 夢 シリーズ その28

また、うろ覚えの夢の断片。

新幹線に乗っていたようだ。(もっとも車内の模様は大分違っていたような気がするが)

一人で?乗っていたようだ。団体の様な客が入ってきて、自分の席以外、座席が対面になるように変えている。このまま座っていていいのかと不安になるが、特に何も起こらない。

さて、いつの間にやら、車内は少し明るい雰囲気になっていて、何故か、自分にも同行者がいる。隣には少女(子供だったか、微妙)が座っている。その母親らしき女性もいたように思う。

(しばらくたってからのことと思うが)、大勢の客が乗ってきた。気が付くと、座席が消えている。ただ、窓際にずっと窓を背にして腰を置ける程度の狭い座席が出ている。黒い、革製の様に見える。自分はそこに腰かけていて、少女も隣にいる。
前にはたくさんの客が立っていて、通勤電車の様になっている。立っている人は、ただ、皆、ただ、黒い、漫画の様な、輪郭だけ。通勤用に変わったから、座席が消えたのかと、納得している。また、東京方面へ向かっているようで、小田原を過ぎて、次は新横浜だと思っている。

さて、東京方面へ向かっていたはずだが、何故か。地方都市の繁華街近くを歩いている。雪が積もっていたように思う。何人か同行しているが、覚えているのは、杖をついた老人?だけだ。商店街のメインストリートの裏側を歩いているらしい。ある建物を、中核的なデパートの裏と思っているが、とてもデパートと呼べるような大きさではなかったと思う。

誰か(どこかの店の人)に、この裏が、メインストリートだと言う様な事を教えてもらう。何故か、そんなに沢山の店があるのかと疑問に思っている。もしかするとシャッター通りの様なものではとも思っている。








amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 心のプラカード Type A初回限定盤(多売絵柄生写真付き) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック