ユニクロの袋が恥ずかしい感覚は無くならない ついでに、夢 シリーズ その18

少し眠いなと、ごろ寝を始めたのが多分、23時半頃か。熟睡したわけでもないが、気がつけば早朝だ。

で、起きる直前の、意味の分らぬ、下らない夢の、終盤。

多分、どこかの職場なのだろう。一人で、昼食だろう、どこで、食事しようかと探そうとしていたら、社員食堂らしきところを見つけ、その日の定食らしきものとして、串カツの様なものが出ている。こんな時は最初からここにすれば良かったなどと思い、行列に並ぶ。
途中、前に並んでいる女性二人とその前が随分開いている。詰めてくれないかなと思っていたら、気が付いたのか、小走りで前へ進む。その時に追い抜かれそうになったのが、昔の職場の先輩だ。
さて、社員食堂にしては変なのだが、座布団が、ある隅を中心とする様に円になる様に敷かれている。人はあまりいない。下が畳か板かは定かではない。
中心部に近い所に先に先程の先輩がこちらを向いて座っている。で、先程の前の女性の一人が、何故か詫びている。こんなに偉い人と知らずに以前失礼な事をしたという風だ。先輩は笑いながら聞いている。
しばらくすると、先輩は中心部を離れて別の席に着く。食事はその席でする様だ。
先程の女性は私の近くに座っている。と、突然、耳を引っ張られっれるか何かをされた。驚いて女性の方を向いても素知らぬ風だ。何回か同じ様なことをされる。
変な女だと思いつつ、美形なので、それ程悪い気もしない。
この女性は見た事がある様な気もするが、誰だか分からない。


ごろ寝を始める少し前、NHKのユニクロの話を、時々(一部だけ)、見ていて、会長だったか、うっとおしい爺さんだなと感じた。
ユニクロはたまに覗くけれど、品質などといわれても、いいと思うものは無い。昨夏、安かった無地のTシャツを数枚、それ以前はフリースを総計2着、今まででユニクロで買った全てだ。あくまでも「アンダー」用。アンダーか家着が限界だ。
ユニクロの袋をぶら下げて歩くのは恥ずかしい感覚は無くならない。


ナチュラルに恋して(初回限定盤)(DVD付)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2010-04-14
Perfume
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック