東北の南端?の盛岡?へ日帰り旅行???  何で「東品川」なんだろう 夢 シリーズ その13

 結構、長い夢だったと思うが、ぼんやりと思いだせるのは、やはり、終盤の方だけ。


 四人ほどでの、旅の夢だった。男3人、女一人だったと思う。出発地はどこか分からないが、何とか、東北の南端へ日帰り出来ると、一人が考えていた様だが、他の仲間と共有はしていなかったようだ。ただ、地名は盛岡だった様な気がする。東北の南端に盛岡がある変な地図を思い描いていた様な気がする。地図自体が正確に測量される以前の古い大雑把なものに似ていた様な気がする。

 トラブルに遭いながら旅を続けていた様に思うが、ほとんど忘れた。覚えているのは次のあたりから。

 どこかの駅前で時間待ちか何かしていた様だが、一人が停車中の列車に乗り込み、景色を見ている。ところが、動いている。目的地とは反対の様で隣の駅で降り、歩いて戻ろうとする。この駅から歩くのは夢の中で一度体験していた様にも思う。よって、大丈夫だろうとは考えている。

 駅の辺りの小さいトンネルをくぐると列車が走っているのが見える。ただ、思っているのとは反対の方に向かっている。で、反対側へ向かおうとする。しかし、覚えている道とは違う。先程見た列車も乗ってきたものかどうかも疑う。結局、どちらへ進むべきかも分らなくなった。

 バス停の様な所があり、子供たちと引率の先生の様な女性がいる。小さな地図の様なものがあり、手掛かりが無いか見る。しかし、近くの湖への案内図の様で、手掛かりはなかなか見つからない。

 さて、場面は変わり、3人がバスに乗っている。そこにはぐれた一人が乗り込んでくる。何とか合流出来た様だ。しかし、荷物は預けたままで、途中で取りに行かねばならない様だ。(よく考えればおかしなことだが)

 また場面は変わり、バスを降りて歩いている。別のバス停へ向かっているようで、大勢歩いている。地元の人らしき人が、以前は乗換不要で行けたのに不便になった様な事を言っている。復活を要望している様なことも言っている。

 バス停の様な所に着いたが目的地はまだ先の様で橋を渡ろうとする。橋は吊り橋状で、ケーブル?欄干?沿いに細い、一人ずつ通れる道の様なものがついていて、それを歩道と思って登りだす。
 頂点に達したが、道は一旦途切れる。先には下って行く道が見える。移れそうではあるが、下手をすると転落するかもしれないと思う。ふと、左をみると、車道の向こうに、普通に歩道がある。右を見ると公園?の様な所に道が見える。で、そこを通れば良いんだと戻ろうとする。後ろに人がついて登ってきていたが。それまではぎりぎり電車の時間に間に合うかもしれないと考えていたが、これで難しくなったかなと思う。

 さて、場面は変わり、駅の近くにたどり着いた様だ。グリーンとオレンジの湘南電車?の115系?の様な電車が3台ほど見える。一番手前に止まっている電車の行先表示板には「東品川」とあり、東京方面だから逆方向だと思う。
 その電車に隠れた電車が動いていて、それが、乗りたかった電車だと思う。

 駅に着く。改札口は目の前にあるが、時刻表や、切符売り場がすぐには見つからない。少し離れたところに見つける。


 多分、夢はそのあたりで終わったと思うのだが、何日か前の話で、忘れてしまった。



Perfume Second Tour 2009『直角二等辺三角形TOUR』 [DVD]
Tokuma Japan Communications CO.,LTD(TK)(M)
2010-01-13
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



You were... / BALLAD
エイベックス
2009-12-29
浜崎あゆみ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック