下らないことでもめている自民党

自民党が総裁選、首相指名選挙の対応でもめているが、また、下らないことでもめているなと思う。

・首相指名での白紙投票は国会議員としてあるまじき行為
・敗因となり辞任表明もした麻生氏に投票するなど無責任
・大政党としてバラバラな投票行動など出来ない
・今後3年間の新総裁は正式な手続きで選ぶべき

は自明だろう。ならば、今後3年間の新総裁とは別の、麻生氏以外の、首相指名選挙での統一した候補者を決める以外ないだろう。で、問題は、その決め方だ。

・残り半月ほどの、現総裁の残任期間だけの新総裁を簡略した手続きで選ぶ

のが、一番真っ当だが、面倒で、候補者も出ないかもしれない。

話し合いで決める方法もあるが、なかなかまとまらないだろう。執行部も信を失くし、派閥の力もない。党内から広く尊敬を集めている様な長老でもいればまとまりやすいのだろうが、そんな人も見当たらない。

結局、
両院議員総会等で、各議員が思い思いの人に投票し、最高得票者を首相候補とする。

が妥当なのでは?



さらば、暴政―自民党政権 負の系譜
清流出版
藤原 肇

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






「共犯」の同盟史―日米密約と自民党政権
岩波書店
豊田 祐基子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック